寺尾 紗穂

1981年11月7日東京生まれ。
2007年ピアノ弾き語りによるアルバム「御身」が各方面で話題になり、坂本龍一や大貫妙子らから賛辞が寄せられる。大林宣彦監督作品「転校生 さよならあなた」、安藤桃子監督作品「0.5ミリ」、中村真夕監督作品「ナオトひとりっきり」に主題歌を提供。

2017年最新アルバム「たよりないもののために」を発表。
タイトル曲のPVは写真家大森克己の初監督作品となり、清冽な世界観で注目を集めた。
並行して伊賀航、あだち麗三郎と結成したバンド「冬にわかれて」の始動、坂口恭平バンドへの参加など、活動の幅を広げている。

コラボレーションも多く、粘土製作、朗読、ドローイング、舞踏、対談など、
ジャンルを超えた共演のほか、近年はFernando Kabusacki、Rachael Dadd、Eric Chenaux、
Ryan Driver、Tara Jane Onealなど海外アーティストと演奏する機会も多い。

活動はCM音楽制作(ドコモ、森永など多数)や
ナレーション、エッセイやルポなど多岐にわたる。
平凡社ウェブ、本の雑誌ウェブ、高知新聞、北海道新聞、東京新聞などで連載を持ち、
朝日新聞書評委員も務める。
著書に「評伝 川島芳子」(文春新書)「原発労働者」(講談社現代新書)、
「南洋と私」(リトルモア)、最新刊に「あのころのパラオをさがして 日本統治下の南洋を生きた人々」(集英社)がある。

http://www.sahoterao.com/