About rainbow2017

This author has not yet filled in any details.
So far rainbow2017 has created 23 blog entries.

OBRIGARRD

OBRIGARRD メンバー:HAZU、YANOMI 最狂音術師HAZUとDJ YANOMIのダブル皿廻しコンビ。 HIPHOPのビート感をベースに、CDJ2000、サンプラーを巧みに操り、世界に散らばる辺境+民族音楽を彼らならではの土着グルーブでMix&Loop。 あらゆる『音の壁』を壊し、彼らのみが創り得る、誰もが到達できなかったその独特な世界は...まさにオリジナルジャポネジア! 最近ではピアノ奏者の小西英理(copa salvo等)とのコンビネーションを始め、よりライブ感を増幅させた音へと進化中。 また2yangによるアートワークも話題となった衝撃のデビュー盤(12inch) "heige me mars E.T"は発売と同時に即完売。 同じくリリースされた1st アルバム(CD) "OBRIWORLD"も光の早さで在庫ゼロ→プレミア化は必至! 2014年には日本ラテン界の「ピアノ船頭」こと小西英理(copa salvo / 光風&GREEN MASSIVE)を大々的にfeatした"(12inch)BAILA!"を発売、 2015年には更なる進化を遂げた"(7inch)ZUNg ZUNg"を発売し、どちらも即完売!  そして、2016年9月には世界中の民族音楽/リズムをサンプリング・ソースに製作された2ndフルアルバム(CD)"OBRIGARRDER THEY COME"が5年ぶりにドロップ!  2017年2月にはツーマンライブ"TURTLE ISLAND × OBRIGARRD / 2MAN GIG!!! @名古屋CLUB QUATTRO”を大成功させ、完売となっていた1st アルバム(CD) “OBRIWORLD”を3月に再発。    

つしまみれ

つしまみれ (写真左から)ベース やよい、ボーカル・ギター まり、ドラム まいこ 日本を代表するガールズアートパンクロックスリーピースバンド。 1999年、千葉大学バンドサークルにて結成。 2004年、初のアメリカツアーをきっかけに本格的に活動開始。 圧巻のパフォーマンスとグルーヴを誇る日本屈指のライブバンドである。 様々なジャンルを自由に取り入れた楽曲アレンジとメロディアスでキュートな歌声と突き刺さる歌詞は人々の心を捉えて離さない。 日本でのアルバムリリースはこれまでに13作品。 2009年、ビクターエンタテインメントより、メジャーデビュー。 デビューシングル「タイムラグ」はテレビ東京「やりすぎコージー」のエンディングテーマ、 2ndシングル「ストロボ」はTBS「カウントダウンTV」のエンディングテーマになる。 メジャー2作目のアルバム「Sex on the Beach」の表題曲「Sex on the Beach」はテレビ東京「音楽ば〜か」のエンディングテーマとなる。 その後、2010年、モジャーレコードを設立して独立し、楽曲と活動の幅が更に広がり、深みを増す。 日本、アメリカ、ヨーロッパの大型フェスへの出演に加え(サマーソニック、アラバキロックフェスティバル、JOIN ALIVE、 ロックインジャパンフェス、カウントダウンジャパン、SXSW等)、日本ツアーはもちろん、アメリカツアー、ヨーロッパツアーをコンスタントに開催。 2006年、2007年に行ったスーサイドガールズとの全米40本ツアーはのべ10万人を動員。 2016年からは、ヨーロッパでの活躍が目立ち、昨年、スイスでは、ASIAN DUB FOUNDATIONと共演、今年3月は、パリのムーラン・ルージュで行われたフェス「Les Femmes s'en Mêlent」に出演し話題を呼ぶ。 とどまることのないつしまみれの情熱は日本中、世界中に向けて発信し続けている。

MADKID

MADKID 平均年齢23.5歳、2ラッパー&3ボーカルからなる5人組ダンスボーカルグループ。 存在感溢れるラップ&熱いボーカルワークと勢いのあるパフォーマンスが魅力。 2018年1月にメジャーデビュー。7月に2ndSINGLE'Summer Time'をリリース。 http://columbia.jp/madkid/

横川圭希

横川圭希 1966年生まれ。 映像作家。ギタリスト。震災直後から東北の被災地や福島に入り取材と記録を継続してきた。 原発事故で環境中に大量に振り撒かれた放射性物質から子ども達を守る「オペレーション・コドモタチ」発起人。 市民メディア confessで映像配信、映像制作などを行っている。 https://www.facebook.com/ConfessTokyo/ twitter:@keiki22

ハンサム判治

ハンサム判治 アニメ「NARUTO〜疾風伝」「CR天才バカボン」の主題歌やグリコカフェオーレのTVCMソング、プレステソフト「GuitarFreaksV&DrumManiaV」等で知られるボーカリスト、バンドマン、音楽プロデューサー。 役者としてもドラマ「おせん(蒼井優主演)」「スクラップ・ティーチャー(Hey!Say!JUMP主演)」映画「ギララの逆襲(ビートたけし出演)」等に出演。 3.11直後の3月から頻繁に炊き出しライブとウクレレ教室を東北各地で開催し、現在も「ウクレレ大使」として愛と元気を届け続ける。 この7年間で被災地に届けたウクレレの本数は500本に迫る。 2016年、Bro.Hi(ex.SOUL'd OUT)とのコラボシングル「光る石ころfeat.ハンサム判治」がAmazonヒップホップチャート1位を獲得。 2017年、規格外ロックバンドHANZI BANDとしてリリースした「あかさたな」が東北最大級のドラッグストアチェーン「薬王堂」のテレビCMに抜擢。 2018年、ハードコア青春ジャズバンド「ゴリラ人間ズ」を始動し、 長年に渡るバンド経験に基づく独自な音楽理論書「ゴリラから見た音楽理論(ゴリ論)」を出版しウクレレシーンに一石を投じる。 ハンサム判治オフィシャルサイト http://www.han363.com  

UNCHAIN

UNCHAIN ジャズやソウルミュージック、フュージョン、更にはシティポップス的なエッセンスまでを絶妙にブレンドしたグルーヴィーなロックを鳴らす京都府出身の4ピース・バンド。  http://virusoul.net/unchain/

Dachambo

Dachambo 日本が宇宙に誇るサイケデリックJAM BAND、もしくは快楽探求楽団。 ツインドラムにディジュリドゥー、極太ベース、爆音ギター、そしてデジタル音の6人からなる、 ジャム、トランス、ラテン、ファンク、サイケ、オーガニック、民族音楽といったジャンルの枠を 変幻自在に飛び越え、PEACE&SMILEに溢れた彼らのライブは、自分達とその場に息づく空気、 オーディエンスとのバイブレーションの交換から生まれ、常に変化しつづけるMUSICを産み続けてゆく。 盟友Gravity Freeデザインの、ド派手なバイオディーゼルBUSに乗り込み、 『FUJI ROCK FESTIVAL』を始め、全国のフェスやパーティーの顔として走り続け、 日本ではフェス番長(YAHOO認定)の称号までいただき、4度に渡るAUSツアー/USAツアーも大盛況に収める。 2011年には、今や伝説と語り継がれる「HERBESTA FESTIVAL」を開催し、1万人以上の動員を記録した。 昨年結成15周年を記念して5年振りに開催された『HERBESTA FESTIVAL'16』は SOLD OUT!! 更には全て新たに録音し直した、なんと初回3枚組のスペシャルベスト盤『HERBEST』をリリース!! 2017年アメリカで開催されたBIG PARTY『OREGON ECLIPSE 2017』ではメインステージ出演!! その模様は、クラウドファンディング『ダチャンボ皆既日食映像化大作戦!』で映像化されDVD作品へ!!! そして日本人BAND初となる『Burning Man 2017』へ参加!!! メディアにはほぼ現れないが、DACHAMBOの世界観にグイっと惹き付けられた老若男女によって、草の根的に”ダチャンボ村”日々絶賛拡大中!! Official Website:http://dachambo.com 『MIYAMU』

Makoto Okazaki

Makoto Okazaki MATON guitar アーティスト KAMINARI guitars アーティスト 16歳からDJを志すが26歳の時にアコースティックギターの音と可能性に魅了されギターを始める。 後にFUNK,POSTROCK系のバンドを結成して都内を中心に活動。 現在はアコースティックギターのソロギターをメインとし日本各地、ヨーロッパ、アジア、など海外でも活動。 DJ時代に受けた電子音楽からの影響とギターを始めてから受けたブラックミュージックやニューエイジ音楽からの影響でジャンルに囚われない音楽を作曲、演奏する。 ギターを横にしてピアノの様に演奏するラップタッピングという奏法はメロディーラインとベースラインを同時に奏で、独特なリズムが生みだされ、ギターを演奏しながらボディーを叩くパーカッシブな演奏でアコースティックギター1本だけとは思えない独特なグルーヴ、サウンドを創りだす。 2015年2月 KADOKAWAメディアファクトリーより1stアルバム『sea』をリリース。 http://makotookazaki.com/  

yanafro

yanafro (ヤナフロ) インストバンド「ending note」 ギタリスト 「 RAINBOW CHILD 2020 」 「 STOMPIN'NITE -returns- 2017 」 「 Guidance 〜導き導かれる人生〜 」 「 粋響 」 「 FLYOVER anniversary exhibition 」 「 FUSION 2015 」 「 あわのネ 2014 」 等、主にクラブイベントや野外フェスに出演。 中野heavysickZERO にて ending noteイベント『 FAR EAST 』不定期開催中。 yanafroソロとしてアコースティックライブや、様々なジャンルのアーティストとのセッション、サポートギタリストのほか、BARなどの内装などのペインティングや自身の絵の作品も販売もおこなっている。 https://yanafro.localinfo.jp

工藤真工

工藤真工 熊本にある1万坪のネオコミュニティ〝エコビレッジ サイハテ〟発起人にしてマルチアクセスアーティスト。 ライフワークは『新しい時代のライフスタイル・文化・コミュニティー』づくり。 エコビレッジづくりと並行して〝かくめい〟プロジェクトなど、世界をシフトさせる活動を多数展開。 ラップトップサウンドと映像(VJ・プロジェクションマッピング)を同時に繰り出す独自表現〝Sync. World〟は世界中のオーディエンスより絶賛を浴びており、アーティストとしても精力的に活動中。 その創造の集大成は、みんなと〝世界平和〟 http://www.synckudo.com