fbpx

About rainbow2017

This author has not yet filled in any details.
So far rainbow2017 has created 34 blog entries.

bird

bird シンガー & ソング・ライター(1975年 京都出身) グルーヴィな歌声と独創性に満ちた楽曲で、ジャンルを選ばず音楽ファンを魅了するシンガー&ソング・ライター。 大沢伸一/MONDO GROSSO主宰レーベルより「SOULS」で1999年デビュー。 1stアルバム「bird」は70万枚突破、ゴールドディスク大賞新人賞獲得。 最新作は、10枚目のオリジナル・アルバムとなる「Lush」(VRCL-4041)。 birdと冨田恵一(冨田ラボ)の2人だけで実に1年以上の歳月を費やし、 近年の新世代ジャズにも呼応するジャンルレスなbirdミュージック。 現在、ジャンル関係なく各種野外FES、イベントに出演中。 www.bird-watch.net www.facebook.com/birdwatchnet www.instagram.com/birdwatchnet twitter.com/birdwatchnet    

ellmer

ellmer 2005年12月に撮影されたストリートを原点とするミュージシャンのドキュメンタリームービーである“jam film JAM”が反響を呼び、 同作に出演したROCKAMENCOのパーカッショニスト SUDAPONY、佐藤健太、渡辺祐介に島崎敦史を加え、2007年[ ellmer ]を結成。 完全即興によるストリートパフォーマンスをコンセプトに不定期かつ集中的な活動で知られる。 2008年には楽曲も存在していない状態から完全即興でレコーディングした1st album『ellmajestic』をリリース。 2009年、渡辺祐介に代わり笹本佳宏が加入。 2012 年に2nd albumにして初のスタジオレコーディング作となる『knot fast』をリリース。 2016年には再び全収録曲を完全即興かつ栄の路上演奏でレコーディングした3rd album『STREET』をリリース。 2017年は結成10周年を迎え、過去の代表曲を再レコーディングしたベスト盤的記念アルバム『Too Jammy』をリリースした。   ellmer 笹本佳宏/Yoshihiro Sasamoto(guitar) 島崎敦史/Atsushi Shimazaki(keyboard) 佐藤健太/kennta Sato(bass) SUDAPONY (drums)  

RINO LATINA II

RINO LATINA II 90年代初頭、当時DJ KRUSHのレコード持ちをしていたDJ YASとLAMP EYEを結成。 下克上でデビュー。アナログで先行発売された「証言」は時代を越え熱狂的なヘッズやプレイヤーたちに語り継がれる日本語ラップの金字塔となる。 RLII 独自のワードセンスとリズムキープで自身の音源は勿論、 多数の客演においても一目置かれる特徴のあるボイスで Music lover達の好奇心とヴァイブスを魅了し続けている。 現場至上主義を一貫して貫く彼の情熱的なライブは鳥肌もので、大舞台であればあるほど輝きを増す。ひとたび舞えば上昇気流に乗るそのパフォーマンスは衰えることを知らぬ不死鳥が如く孤高の空を行く。さらなる高みを目指し続ける彼の一挙手一投足は見逃せない。  

DELI

DELI ヒップホップMC、千葉県松戸市議会議員(1期) NITRO MICROPHONE UNDERGROUNDのMCとしても知られる。 東日本大震災以降は、「オペレーション・コドモタチ」の発起人として主に放射能についての運動もしている。 2010年頃より、「子供」を主題とした音楽活動を始め、自身の子供や新しい世代の未来を危惧する目線で楽曲を制作。 2011年の東日本大震災以降、日本の社会および政治に対して懐疑的な立場からTwitterなどで積極的に発言。 原子力発電所反対デモなどの反原発活動にも参加し、 脱原発を主な政策として参議院選挙に出馬し当選した山本太郎、および同じく脱原発を主張する千葉麗子や三宅洋平、 難波章浩ら多くのミュージシャンと運動を共にする。 2014年6月18日、自身のTwitterで、同年11月に行われる地元・松戸市の市議会議員選挙に出馬する意向を表明。 2014年7月に政治団体「PLANET ROCK」を立ち上げ、「日常に横たわるジェネレーションギャップやカルチャーギャップをクロスオーバーする」事を目的として運動を開始。 松戸市議会議員選挙では、『「脱被ばく」に「脱カスタマー」いつまでたってたって文句ばっか言ってるだけじゃ単なるお客様 』を標語とし、これはPLANET ROCKによる楽曲「PLANET ROCK 2014」の自身の歌詞を引用している。 11月16日執行の松戸市議会議員一般選挙に定数44人中44位で当選。  

TOMI-E

TOMI-E 10代でHIP HOPと出会い、1991年16歳で単身渡米。 夜明けの壁の大きなグラフィティに衝撃を受け、西海岸を拠点に活動を始める。 94年に帰国後もストリートの壁からCDジャケット、クラブツアーやイベントでのライブペイント、企業広告に至るまで様々なキャンバスにスプレー缶を噴き続け、 現在は自身の日常でもある浮世の瞬間を和紙に噴きつける独自のスタイルで創作に明け暮れている。 伝統と現代性を併せ持った明確なアイデンティティを放つその作品は、リアルな息遣いと魅力にあふれている。 http://www.tomi-e.jp

The Novelestilo

The Novelestilo (ザ・ノヴェレスティーロ) 東京を中心にライブ活動を行う生ヒップホップバンド。 ジャズ、ファンク、ソウル的な雰囲気を持つループ感のある多様なトラックをバンドで演奏し、 元来ヒップホップが持つトラック感とバンドならではのダイナミクスを追求している。 ライブの中で行う、飛び入りのMC,Singerと行うFree Style Sessionが好評を博す。 ドイツで行われた Emergenza international finals 2008 では総合4位に入賞し、 さらにMC Hiddyがベスト シンガーに選ばれるという結果を残した。 2009年12月に1st Album「Score」、2011年8月に2nd Album 「Bridge」をリリースし、 2013年6月にはJazz Trumpeter島裕介(Shima&Shikou Duo)と全曲コラボした3rd Album「Move On」をリリース。 2014年7月にAlbum「Move On」収録曲から7インチ シングル(Side-A「Move On」、Side-B「Unity」)をリリース。  

Rickie-G

Rickie-G アコースティックを基調とした生の暖かいサウンドと伸びやかな歌声でジャンル 問わず様々な方面から注目を集めるシンガー"Rickie-G"。 2006年より『Life is wonderful』『逃避行』『ラブソウル』とリリースを重ね、 2008年に待望の1st Album『am08:59』をリリース。 iTunesランキングで長期にわたり一位をキープし、 ほぼ口コミのみで現在もロングランヒットを記録し続けている。 全国各地様々なスタイルでライブを行い、海外アーティストからの評価も高く、 毎年横浜赤レンガ倉庫で開催されているサーフィンをテーマにした 「GREENROOM FESTIVAL」には8年連続出演中。 2014年7月に待望の新曲『Follow Your Heart』を配信限定で発売し、 同年「FUJI ROCK FESTIVAL」「横浜レゲエ祭」へ初主演を果たす。 2015年8月、4曲入りの『Follow Your Heart EP』を発売。 現在2nd Full Albumを、自身のスタジオ「CREATORS' LOUNGE」にて制作中。   Official Site:http://www.rickie-g.com

寺尾 紗穂 w歌島昌智

寺尾 紗穂 w歌島昌智 1981年11月7日東京生まれ。 2007年ピアノ弾き語りによるアルバム「御身」が各方面で話題になり、坂本龍一や大貫妙子らから賛辞が寄せられる。大林宣彦監督作品「転校生 さよならあなた」、安藤桃子監督作品「0.5ミリ」、中村真夕監督作品「ナオトひとりっきり」に主題歌を提供。 2017年最新アルバム「たよりないもののために」を発表。 タイトル曲のPVは写真家大森克己の初監督作品となり、清冽な世界観で注目を集めた。 並行して伊賀航、あだち麗三郎と結成したバンド「冬にわかれて」の始動、坂口恭平バンドへの参加など、活動の幅を広げている。 コラボレーションも多く、粘土製作、朗読、ドローイング、舞踏、対談など、 ジャンルを超えた共演のほか、近年はFernando Kabusacki、Rachael Dadd、Eric Chenaux、 Ryan Driver、Tara Jane Onealなど海外アーティストと演奏する機会も多い。 活動はCM音楽制作(ドコモ、森永など多数)や ナレーション、エッセイやルポなど多岐にわたる。 平凡社ウェブ、本の雑誌ウェブ、高知新聞、北海道新聞、東京新聞などで連載を持ち、 朝日新聞書評委員も務める。 著書に「評伝 川島芳子」(文春新書)「原発労働者」(講談社現代新書)、 「南洋と私」(リトルモア)、最新刊に「あのころのパラオをさがして 日本統治下の南洋を生きた人々」(集英社)がある。 http://www.sahoterao.com/  

SAIRU

SAIRU 「旅する音楽」を掲げ、REGGAE・ROCK・JAZZ・HIP HOP・民族音楽などバックボーンの異なる5人のメンバーが土臭く感情的な人生のSOUNDTRACKを奏でる雑食音楽集団。   LIVEにおいてはインストゥルメンタルにも関わらずアジテーターが喋り・煽り続ける独自のスタイルで、屋内外問わず日本各地のライブハウス・クラブ・野外フェスをお騒がせ中! リリース音源 2010年 12インチレコード「AFTERGLOW」Thank you sold out!! 2012年 1st ALBUM「ENCOUNTER」 2015年 2nd ALBUM「NOW OR NEVER」 2016年 7インチレコード「BEER FOR NOW」Thank you sold out!!   Member Kohei:Agitator, Gut guitar, MPC 尾崎高太:Guitar 松浦要介:Drums Kinosan:Sax Leverett:Bass 【WEB】http://sairu-a.com/ 【Instagram】https://www.instagram.com/SAIRU.WDLST/ 【Facebook】https://www.facebook.com/sairu031

かむあそうトライブス

かむあそうトライブス 2009年 岐阜県山間部の村、神淵・麻生に住む百姓仲間(vo.bs>. YG☆MAHAL aka やじぃ、gt.cho.SATTOMAN、 mel.cho. I Sis Tomoe、Drums.TTT◎TATSU、per.TOMIO)が中心になって”かむあそうトライブス”結成。 2011年1月 1stAlbum「のけもののけものとたわけもの」リリース。 同年3月11日の東日本大震災以降、山間地域に根をおろした土臭い村おこしバンドとして古くて新しい時代を予見する老若男女を中心に全国で大ブレイク。 kette drum,perのBongo Deva加入後 2014年 2ndAlbum「MAXI FOUNDATION(薪師財団)」リリース。 2014年ツアーライブドキュメンタリーDVD「種薪珍道中」リリース。 2016年 岐阜県公式移住促進CMに楽曲提供。 2017年 一発フィールドレコーディングした初のアナログ12inch「飛騨川ONE DROP」リリース。 同時に、ギターのサットマンが脱退。 現在は三河の山よりギターのナオキ(ちんねんず)を迎えて、こぼれ落ちそうなキワキワのグルーヴをあますところなくパッケージングしたアナログ盤をひっさげて全国リリースツアー中。 さらにこの夏、北の部族 Space土ChantとのジョイントツアーDVD「部族会合」を発表!  

X